頂ものと年末のご挨拶やら色々・・・・

P1016410_convert_20141230072438.jpg
1年を振り返ると この方のお陰で 楽しい1年が過ごせました。
食事も何度かご一緒して頂きましたが その食事を楽しみに 私はどれほど仕事が頑張れたでしょう 笑。
感情が余り表に出ないのが残念ですが 心の中では わ~い! わ~い!とウキウキしていました←バカか?
何か楽しいことでもないと 時には過酷なこのお仕事 とてもとても頑張れないのです。
1年 どうも有難う♪
できれば 来年も たまには 誘って下さい 笑。
P1016411_convert_20141230072451.jpg
年末お会いした際に 前日まで丹波の別荘へ行かれてたそうで 頂戴致しました。
栗とパイってだけで 美味しいですよね~当たり前 笑。
年末 ややシフトがきつくて 疲れきった時に お一ついただくと 疲れも吹き飛びました 有難う~。


P1016414_convert_20141230152613.jpg
お店にはスタッフ間で連絡ノートなるものがあり 私が出勤しない日の連絡等 ノートに書いてあります。
お客様の言付けも多いのですが スタッフがノートに ○○様から オーナーにと荷物ですと書かれていたので バックヤードに入ると 可愛い包みが。
ご丁寧に お手紙も添えられており 心温まるお手紙に 有難うしか言葉がなかったです。
私の大好きな 世界三大珍味ではなく チョコ。
ゴディバ ピエールマルコリーニ そしてレオニダス!
そう レオニダスのチョコ。
岡本へ墓参りに行った際に立ち寄るか 妹にお願いして千里で買って来てもらうか 梅田に出るか その3つしか食べる手段がなく そう度々口に出来ないのです 嬉しい~!
P1016416_convert_20141230152627.jpg
と 同時に 私はこの様な 心お優しいお客様お一人お一人に支えられているからこそ 今こうして お店の経営が出来ているのだと 改めて感じる事が出来ました。
勿論 栗パイの方も お客様でもあります 度々お買い物へお越し下さいます。
年末は新しく入った若いスタッフにも「今年最後なので お手紙です」と 白い封筒を渡されました。
一つは 私の様な女性になりたい・・・・あら 大変。
初出で「それはいけません!」と言っておかないと 笑。
もう 一つは 精進したい 来年も頑張ると・・・・・。
負けてはいられません 私がしっかりしないと!と背筋がしゃんとしました。
嬉しかったです。
今年私と関わった全ての方に お礼申し上げます 心より有難うございます。
P1016421_convert_20141230152640.jpg


年末のご挨拶と一緒に こんな事を書くのも 如何なものかと思いましたが これは一刻も早い方宜しいかと・・・・。
先日ある顔見知りの方から お店で(私の)男性と居たと それは夫でしょうと思い「主人です」と言うと「ご主人ではなかったよ」と 急いでいたので 頭の中クエスチョンのまま その場を去ったのですが 後で翌々考えると メーカーさんです。
その言い方が いかにも俗っぽくて 気に障ったのです。

商談がある際は 仕入れ値の話もあり 店先でお客様やスタッフの前でその様な会話はできません。
スタッフにお店を任せて 近くでお茶を飲みながら話をする事も度々あります。
こちらは 仕事の話なので メーカーさんを男性と思って 歩きませんし お茶も飲みません。
多少の世間話ぐらいはしますが 何もあちら様も こちらを女性と思って話してません 単に得意先です。 
時々「いつもお綺麗で」とお世辞も言われますが そんなものは社交辞令で 「今 舌噛みそうでしたよ 棒読みでしたよ」なんて こちらも笑ってお終いです。

が ふと 若いメーカーの男性と商談でお茶に行った際 スタッフが「この辺 学校のお母様もウロウロしてるので 気をつけて~ 年下の彼と歩いてるみたいでしたよ」と言われたのを思い出しました。
その時は「やめてよ 息子で親子よ あの男の子が可哀想だわ こんなオバサンと」って言ったのですが 普通に主婦をしてると この様な事はないですからね そう見られてもおかしくないのだと。
人の口の怖さは重々承知していますので 早速他人から万が一耳に入る前にと 先手で夫に話をしました。
夫も同じ業界なので 女性とそれこそ食事やゴルフに行く機会もあるので 笑い飛ばしていましたが「そのうち あそこの奥さん 不倫してるなんて言われるんじゃない?」と ちょっとやめてよ~でした。
心当たりがあって言われるならまだしも 何もないのに そんな事言われたら 色んな意味で悲しい~。
どうぞ 私が誰か夫以外の人とお茶してても 白昼堂々と近所でそんなバカな事はしませんから よ~く 見て下さい 手元には資料 手帳 名刺 手にはボールペン持ってる筈です。
ガラス越しに携帯で写真なんて撮られるとやだな~なんて思っています(手元なしの 笑)。
一昔前のメーカーさんなら スーツにネクタイで いかにも商談って感じで そんな誤解も招かないのですが 今はお洒落ですからね スーツのメーカーさんなんて居ません。
息子と言うには ちょっと年が上で 夫と言うには ちと若い? それこそ夫と同じ年の頃の方も多いので ややこしいですね。
いっそ 爺さんなら 誰も何も言わないのになぁ それか私が婆さんになるか 笑。
誰に何を言われても 私は全然平気なのですが 娘が居ますからね 学校でよからぬ噂が立つと嫌なので 先にブログに書きました。
残念ながら? 期待される様な? 色っぽい事は何一つございません どうぞ 誤解されません様。




  



スポンサーサイト
2014-12-31 : 頂きもの : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

mon tresor 2007

Author:mon tresor 2007
2007 mon tresor(私の宝物)
2016 mon reve(私の夢)
婦人服・雑貨・小物のショップオープン

宝塚市逆瀬川1-2-1 3F
0797-72-1808
10:00~20:00営業

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QRコード