新地 日本料理 かこみ

P1015180_convert_20140528231217.jpg
仕事で大阪へ行かなければならなくて 電車を乗り継いで行くのも疲れるな・・・そう思っておりましたら 偶然主人 仕事が休みでした。
ならば運転して頂きましょう! 仕事は午前で片付くので お昼は食べて帰ろうと言う流れに。
大阪で私が食事をしたい店と言えば「かこみ」。
去年夏に一度お伺いしてから また行くチャンスを狙っていたのです 恋い焦がれたかこみに行けて 嬉しい♪
P1015166_convert_20140528231246.jpg
新茶の和え物の上に雲丹。
主人が 帰りに「一品目のあれ 美味かった」の後 あれも美味しかった これも美味しかったと 結局「全部やん!」と突っ込んでしまいましたが 一品目から五感鷲掴みのお料理です。
P1015167_convert_20140528231300.jpg
桜海老 帆立 ホワイトアスパラの天婦羅。
帆立は甘味を出す為に 半分生の状態で揚げていますとのこと 本当に口に入れた瞬間甘い!と感じる 幸せなお味です。
桜海老もホワイトアスパラも 美味~。
P1015168_convert_20140528231314.jpg
汁物は 魚は鯛だったかな?
手前にお花が浮いてますでしょ? これ 柚子の花だそうです。
香りがするのかな?と鼻を近づけると 柚子の香りが広がりました 柚子の花を食べたのは初めてでした ほろ苦くて大人のお味。
じゅんさいやおくらの葉など 普段あまり口にしない旬のお野菜が沢山いただけるのも嬉しいです。
上品なお出汁が また いいですね~ 家では絶対出せないお味です。
P1015169_convert_20140528231327.jpg
前回は個室でいただいたのですが この日は主人と2人でしたので カウンターで。
汁物をいただきながら オーナーが鱧を捌くのを見ていたのですが 次は鱧なの?と もうワクワク 笑。
主人が鱧も美味しかったと後から呟いていましたが 私 本当は魚はそんなに得意じゃないのですが かこみの魚料理は 美味しくいただけるのです。
鱧私も うん うん と納得の 美味しさでした。
P1015170_convert_20140529092915.jpg
かこみの 楽しみの1つは 名物の八寸。
大の大人が 料理が運ばれて手を叩く事はないでしょうが 私 思わず「わぁ~!」と同時に 手を叩いて喜んでいました。
小さな 鮎を揚げたもの えのきを梅肉で固めたもの 山芋を揚げたものに 蛍烏賊 辛子蓮根・・・。
鮎も私 本当は食べれない魚なのですが 「揚げたてなので 先にお召し上がり下さい」と 一口でがぶり。
これが 美味しいのですよ かこみのお料理なら お魚不思議と食べる 食べる 笑。
P1015171_convert_20140529092948.jpg
さつま芋なのですが 蝶。
可愛いですね~「難しそう・・・・」と言うと オーナー「意外と簡単なのですよ」と 笑。
今度チャレンジしてみよう!(多分 変な物体が完成しそうな予感)。
P1015172_convert_20140529093003.jpg
八寸の奥に ちまきがあるの 分りますか?
細魚(さより)と言う 魚のお寿司です。
オーナーのお話だと とても小さな魚で 小骨も多いので大変な魚らしいのですが 勿論骨なんてなく 美味しくいただきました。
主人も説明を聞きながら「ほぉ~」とか言いながら食べていました 笑。
主人も私も早食いなのですが この日主人 お料理味わって食べていたのか 食べるの遅っ!
何度も「美味しい」と 私の料理では滅多と言いませんが この日は連呼しておりました。
P1015173_convert_20140529093019.jpg
蓮根饅頭かと思いましたら 筍をすりおろして中にミンチのお肉が入ったものに 餡かけ。
これも 主人と私「美味しい~!」と大絶賛。
思わず「おかわり!」って言いそうになりました 笑。
前回来たのは 夏でしたので メニューがガラリと違い 秋や冬にも来たかったと悔やまれました。
四季折々 旬の食材が味わえるのは やはり日本料理の良さですね 日本人で良かった~としみじみ。
仕事でお洒落なスポット南船場辺りをウロウロしていたのですが「この辺で千円も出したら 美味しいものいっぱいあるよ」と言ってた主人も最後は「来て良かった」と 大満足な様でした。
P1015174_convert_20140529093038.jpg
もう一つの かこみ名物「今まで食べた炊き込みご飯で一番美味しい」「日本一の鯛めし」などweb上の口コミで絶賛される鯛めし。
日本料理の最後に ご飯と香の物が 運ばれて来るでしょう? あれって正式な順番なのでしょうが 一般庶民の私からすると おかずと一緒に出して欲しい 笑。
なので 最後 ご飯お断りする事が多いのですが かこみの鯛めしとなると 話は別! 笑。
鯛めしを炊いている土鍋は、土鍋の可能性をとことん追及し 信楽雲井窯の窯元 中川一辺陶氏によるオーダーメイドでオンリーワン!かこみにしかない土鍋です。
クライマックスに土鍋の鯛めしが登場するのは 本当にお楽しみで 最後の最後まで 感動の連続です。
P1015175_convert_20140529100201.jpg
鯛めし 初めはそのままでいただいて 次は出汁お茶漬けにしていただきます。
絶対 お腹いっぱいでも両方いただいて欲しいです。
同じ 鯛めしですが また 違った楽しみがあり 両方本当にいいお味。
主人ががっつり2杯で 私は軽く2杯でしたので 画像が貧相ですが 半分にすると いい塩梅でお茶碗2杯分です。
P1015177_convert_20140529100233.jpg
最後のデザートも 夏は1時間だったか2時間だったか練り上げたわらび餅は大絶賛でしたが 今回の草餅も 甘さが控え目で たまらない!
プリンもなめらかで美味しい!最後の柚子シャーベットでお口もさっぱり 本当にご馳走様 美味しゅうございました。
P1015176_convert_20140529100218.jpg
食事をしながら この折敷いいなぁ~欲しいなぁ~と主人に 笑。
「買えばいいやん」って顔して 無視していました。
カウンターのお隣には 私の両親ほどのお年の上品なご夫婦が食事を楽しんでらっしゃいました。
年をとっても 絶対ヨレヨレのおばぁさんにならず こんな小奇麗なおば様になろうと 横目で見ておりました。
かこみの常連さんでしょうね お話が弾んでらして 盗み聞きしてると←悪趣味 「毎日 プールで 1~2キロ 時間をかけて泳いでる・・・」なんて話を。
老後 プールに通う事にしました! ←単純。
P1015178_convert_20140529100250.jpg
飲み物は 珈琲と抹茶どちらか選べます。
珈琲を頼んだものの 主人が頼んだ抹茶がとても美味しそうで 半分奪い取った 笑。
P1015179_convert_20140529100307.jpg
お昼のコースは¥3700 ¥5500 ¥8500 3つのコースです。
前回同様 ¥5500のコースをいただきました。
いつか ¥8500も食べてみたいな~。
決して¥5500のランチお安いとは思いませんが このクオリティーの高さなら 私はむしろ ¥5500で こんなに美味しい食事を有難う!とオーナーに心からお礼を言って帰りました。
最後に「逆瀬川でブテックをされてる?」とオーナーがお声をかけて下さいました。
社交辞令ではなく 機会があれば また 夏メニューをいただきにまいりたいですね。

日本料理 かこみ←HP


 
スポンサーサイト
2014-05-30 : 外食 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

mon tresor 2007

Author:mon tresor 2007
2007 mon tresor(私の宝物)
2016 mon reve(私の夢)
婦人服・雑貨・小物のショップオープン

宝塚市逆瀬川1-2-1 3F
0797-72-1808
10:00~20:00営業

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QRコード

アクセスカウンター(2017.9.5~)