日本料理 

P1019808_convert_20160820221349.jpg
旅行と言えば 食事がお楽しみ♪
夫婦だけなら カウンター席の割烹でゆっくり食事を楽しみたいのですが 娘が居ますのでね。
折角家族で来て カウンター席も会話が楽しめませんので 本館の日本料理店にて。
窓際のいいお席をご用意して下さいまして 日本海に夕日が沈む瞬間も見れて 贅沢な時間を過ごさせて頂きました。
(前菜)
あわび味噌漬け
鮎一夜干し
鰻白焼き
胡麻餡
P1019809_convert_20160820221404.jpg
(御吸物)
蒸仕立て
天然すずき香煎揚げ
白瓜

旅行ですので 気兼ねなくお酒が飲めるのがいいですね。
普通の外食ですと 夫運転があるので ノンアル注文するので 私も流石に 真横でアルコールいただくのは気が引けます。
P1019810_convert_20160820221418.jpg
(御造り)
徳島産鱧二種
フリーズドライ梅
足赤海老
青利烏賊

鱧美味しいですね~。
昔は 鱧も食べれなかったのですよ 魚一切口にしませんでしたので 随分克服できました。P1019812_convert_20160820221435.jpg
(御凌ぎ)
大椎茸飯蒸
干し海老餡

この辺りに来て嫌な予感が・・・・・
お品書きがあったのですが この後 焼き物 冷やし鉢 肉料理と続くのですが 一品 一品 とてもお上品な量。
菊乃井ですと 御凌ぎ辺りでそこそこお腹に溜まってきていますが まだ 全然。
正直 菊乃井2回分とまではいきませんが そんなコースを予約していたので これは・・・・って感じでした。
 P1019813_convert_20160820221545.jpg
(焼き物)
徳島産大穴子酒焼
酒粕酢醤油餡

食材もかなり良いものを使っているのもわかります お味も美味しゅうございます が 全部一口で食べれる量なので 段々と焦ってきました 笑。
夫なんて全然物足りりなさそうです。
P1019814_convert_20160820221600.jpg
(冷やし鉢)
徳島産わたり蟹とトマト
白ダツ
スナック豌豆
生姜酢ジュレ

揚げ物でも もう 一品あればまだ大丈夫そうですが 冷やし鉢も お上品な量💦
この辺で 夫に「量 少なくない? 京都ではお腹そこそこいっぱいだったよね? おいくらのコース食べたのかな? 同じぐらいよね?」と コソコソ話していました 笑。
P1019816_convert_20160820221622.jpg
(肉料理)
阿波牛低温調理炭焼
山椒味噌

お肉はA4ランクでしたが 美味しい!
もう 後は ご飯だけなので これは嫌な予感的中で 全然足りません。
菊乃井であれば もうご飯食べれるかな?ってほど お腹パンパンですが。
P1019817_convert_20160820221637.jpg
(御食事)
鯛胡麻茶漬け
海苔
ぶぶ霰
香の物

うっかり蓋を取って写真撮るの忘れていましたが 鯛茶漬けです。
腹八分目なら 私も何とか納得しますが 六って感じでしょうか?
夫にご飯のおかわりを申し出て下さいましたが 私もいただきました。
私 ご飯食べてもお茶碗軽く一杯でおかわりなんてしたの ここ数年で初めてです。
それほどの量の少なさでした。
でも おかわりちりめん山椒ご飯でしたが おかずもなしでお米だけ食べるの難儀しました。
せめて 香の物でも持って来てほしかった お伝えすればよかったのでしょうか?
P1019819_convert_20160820221652.jpg
(水菓子)
餅麦入りパンケーキ
和三盆蜜
はったい粉

ご飯のおかわりで何とかお腹を満たしましたが 〆でラーメン行けそうです 笑。
うちの父が居たなら絶対 別メニュー持って来させていたと思います。
まだ 同じ価格なら東急の和食の方が お腹いっぱいで 最後ケーキ無理矢理食べましたから。
それでも 父 時価ですと言われてた お寿司を2人前追加注文していましたから💦
今度 鳴門に宿泊するなら フレンチか中華にしようと話乍ら部屋に戻りました。
やっぱり お腹いっぱい旅行の時ぐらい食べたいです それにしても どうしてでしょうね?
エクシブで量が少ないと感じたのは初めてでした。
エステも予約一杯でキャンセル待ち状態 お風呂の後時間有り余りまして オリンピック放送されていなかったら かなり退屈だったかも?
翌朝のバイキングで食べてやる~!と思いましたが 朝からそう食べれるものでもなく・・・・・笑。
以上 鳴門の記事はこれでお終いです。



 

 









続きを読む

スポンサーサイト
2016-09-03 : 旅行(徳島) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

徳島県 鳴門

P1019822_convert_20160819102330.jpg
ホテルに到着しました!お疲れ~。
エクシブ鳴門に来たのは もうかれこれ何年前でしょうか?
娘が小学生の頃だったかと思います。
このプールが好きでね 娘を連れて本当にしょっちゅう来てたのです。
泳ぐのが苦手だった娘 こちらのプールでかなり教えました。
私の周囲ではエクシブ会員権持ってらっしゃる方が多くて 皆ご存知かと思いきや ご存知ない方も多いこと最近気づきました 笑。
さぁ?と仰るので ゴルフでリゾートトラスト杯とかやってるじゃない?と 最近ではCMで芦屋ベイコートとか
それでも さぁ?と・・・・・そうなんだ。
P1019821_convert_20160819102311.jpg
我が家の会員権 主人の兄の会社名義で買ったものを 買い取らせて頂いたのです。
他人の会員権であれば 名義変更をするのですが 担当が言うには 名義変更に数十万かかる上に色々ややこしいし 他人じゃないからそのままでいいのではないですか?と言われ そのままなのです。
夫のものですし 私がとやかく言うのも何ですし。
ただ 悲しいのが オーナーが主人の兄になってるので 我が家は紹介で泊まってる感じになるのです。
何が悲しいかと言うと 先ずフロント オーナー様とそうでない方 別で 心なしか(いや 絶対) オーナー様の方が何気にゴージャスな感じがしますし 何せ空いてます。
勿論 そうでない方へ案内されますので 繁忙期混んでますし 何となく惨め 笑。
それに駐車場の車を停める場所ですが オーナー様は入口直ぐ近く そうでない方は遠い・・・・・これまた本来近くに駐車できる筈なのにと惨め 笑。
何だか悲しくなって 夫にこれを機に名義変更しない?と申し出ましたが 夫 余りそう言うの気にしないのか 今度いつ行くか分からんし 別にいいやん~と そ・・・・そうなんや。
オーナー様扱いされたいんやったら 妹と行けば?と言われました(一昨年購入しました)
扱いされたいわけじゃなくて 空いてて近いのは何かといいじゃないって話なのですが・・・・・・腑に落ちないわぁ。
P1019820_convert_20160819102251.jpg
気分を取り直して。
シンガポール マリーナベイサンズのプールみたいでしょ?(規模は違いますけど 雰囲気が 笑)
プールはヴィラと共通なのです。
娘が小さな時 夫と娘をプールに入れて パラソルの木陰で冷たいものいただくのが 至福のひとときだったのです。
まだホテルも完成したばかりでピカピカでしたが 今回久々に来るとやはり古くなっていましたね。
娘が久しぶりにプール見たいと言うので覗いてみました。


P1019823_convert_20160823084259.jpg
写真が3枚しかないので お土産を・・・・・
鳴門で初めてワカメを食べた時 美味しくて感動したのです。
でも 今 鳴門のワカメ イカリでも手に入るので 何でしょうね~一応買って帰りましたが 何時も食べてるのと一緒 笑。
でも茎がついてるものを購入しましたので 茎のコリコリが美味しいです♪
P1019824_convert_20160823084320.jpg
大塚美術館のお土産コーナーにて。
モネの睡蓮のシール貼ってるだけなんですけどね チョコが缶に入ってまして 缶欲しさに 笑。
これも 我が家用 お土産にも購入。
P1019825_convert_20160823084336.jpg
娘 昭和レトロなものが大好きで 大塚食品のボンカレー復刻版 欲しいと言いまして 笑。
誰がいつ食べるのか知りませんが お買い上げ。
インスタントカレーなんて 娘食べたことあるのかな?
P1019844_convert_20160829195926.jpg
帰りに たこせんべいの里 って所に寄りました。
帰宅早々 夫がわさび味 娘が海老味を 封開けてしまいましたので 画像なしです。
ここにわさび味ありますが 2袋買いました 美味しくて病みつき 笑。
真ん中のアソートも 誰かに1袋あげた 笑。

後ね・・・・夫が淡路で玉葱と梨をアホほど買っていました。
私は道の駅みたいなところでお野菜沢山買って帰りました♪




2016-08-30 : 旅行(徳島) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

徳島県 鳴門 大塚国際美術館 続き

P1019796_convert_20160819092137.jpg
(キリスト昇架 リュベンズ ピーテル・パウル)
フランダースの犬で有名な絵ですね。
これは 実際実物を今後見れるかどうか分かりませんので見れてよかったです。
実際に見た絵ほど 陶板に複製された作品を見ると違いがわかりますので ん?と思い 実際見たことのない絵ですと 違和感なく見れるということに この辺りで気づきました。
B2から 古代 中世 ルネサンス バロック 近代 現代と作品がわかれており 展示方法は工夫されているなぁ なんて思いながら拝見していました。
P1019798_convert_20160819092159.jpg
吹き抜けになっており上からも見れました やはり すごいな。
P1019802_convert_20160819092242.jpg
(最後の晩餐 レオナルド・ダ・ヴィンチ)
も~! 夫の頭ですよ 写真でも嫌がらせですか
こちらは 修復後の絵です。
P1019803_convert_20160819092300.jpg
こちらは 修復前です。
最後の晩餐 修復前と修復後が一度に見ることができるのは この美術館だけだそうです。
大きな絵の場所には所々椅子が配置されており こちらでも じっくり座って見ることができます。
駐車場の車の台数を見て これは相当中混雑してるだろうな?と思いましたが これほど大きな美術館とは存じておらず 中はゆったり ゆっくり観賞できます。
写真もレプリカなので撮り放題ですし 触っても大丈夫(多分) 誰も触りはしていませんでしたが。
そう言った意味でも なかなか楽しい美術館ですね。
それに 一度に色んな国の有名な美術館にある名画がそれこそ一度に見ることができますので 絵を好きになるきっかけにはいいのではないでしょうか?
P1019804_convert_20160819092321.jpg
(アテネの学堂 ラファエッロ)
宗教画がやはり多くて 受胎告知の絵だけでも コーナーがありかなりの展示数でした。
娘も「この絵 学校にある!」と ヨハネやらペテロやら 夫も娘もカトリックの学校なので ベースに知識があるので より深く見ることができるのでしょうが こちら娘の幼稚園の頃 宗教講話には行ってたものの かなり昔のこと 笑。
娘と夫が盛り上がって話してる中 私一人蚊帳の外 笑。
P1019799_convert_20160819092223.jpg
何事も無知でいるのと ある程度の知識があるのとでは 感じ方も違うのでしょうね。
かと言って今更 宗教について勉強しようとは思わないのですが 益々絵について色々興味が湧きました。
P1019805_convert_20160819095619.jpg
地下を制覇しまして いよいよ地上 笑。
一旦 敷地内ですが外へ出て別館へ・・・・
外に出ると あち~い💦 でも景色はきれい~!
P1019806_convert_20160819095656.jpg
(アンディ ウォーホル マリリンの二連画)
1F 2Fは 近代 現代アートとなります。
この辺りに来ると 私は一気に興味がなくなるのですが 娘がテンション高くなります。
ポンピドゥーセンターで見た絵もあったそうで えらく喜んでいました。
わぁ~何々だ! わぁ~これ何々だ!と教えてくれましたが 認識できたのは このアンディ ウォーホルとリキテンスタインくらい 笑。
P1019807_convert_20160819095715.jpg
(ピカソ・パブロ ゲルニカ)
こちらも実際の絵をみたことがないので 大きな絵で迫力ありました。
ピカソも作品を沢山見るうちに 徐々に興味が出てきました。
以前 こども展で ピカソがデッサン画を切り抜いて 子供の為にオモチャを作った作品が数点展示されており それがとても 愛らしく 微笑ましくてそれがきっかけですね。
一応全部回ったつもりですが かなり広かったので 見落としている作品もあるかも知れません。
一度は足を運ばれる価値ありの美術館でした かなり楽しめましたよ。

大塚国際美術館
2016-08-26 : 旅行(徳島) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

徳島県 鳴門 大塚国際美術館

P1019781_convert_20160819074246.jpg
(明石海峡大橋を渡ってすぐのIC 大きくてお土産物が充実)
今年は娘が高3なので 派手な海外旅行は流石に自粛しようと ちんまり国内1泊で・・・・
それでも当初は ハウステンボスに ホテルはロボットのおかしなホテルでしたでしょうか?泊まりたくて 夫に言うと もう満室で夏休み中全部埋まってると。。。。。
じゃ 直島 ベネッセハウスに泊りたいと言うと 同じく どの日程でも満室。
喧嘩しましたよ~「早く言え!」と言われましたが まだ スタッフ揃ってなかったのに 言えるわけがない。
最後は「知るか!」で 何度も書いて申し訳ないのですが 店に詰めて入ると怒り 家に沢山居ると 働いてるうちに入らんとか 何がしんどいとか言うのです。
「どないやねん」と大阪弁で心の中でつぶやいております。
P1019782_convert_20160819074309.jpg
(大塚国際美術館 システィーナホール)
で 結局困った時のエクシブで 鳴門1泊と相成りました。
旅行へ行くと言う事は 店を休むので その前後は頑張って店に出ないと!と 何だか働かないと 遊んじゃダメな気がして・・・・・
神様が見てるじゃないですが 頑張って働いたから旅行も楽しめると思ってしまう・・・(思わなくていいのですが)
それで前日まで猛烈に働き 出発するので お約束の様に絶不調で出かけるのです。
現地では勿論ヘロヘロなので 夫にまた嫌味を言われるのが ここ10年。
いい加減学習しまして 今回旅行前1日お休みを頂きました。
P1019783_convert_20160819074330.jpg
んが 数日前 アートアクアリウムへ行き その空気の悪さと人混みとで一気に体調崩しまして・・・・・
旅行前日仕事休むことに加えて 1週間前からは人混みに出かけないことも加わりました。
フルで働いて 家の事もきちんとされてる 主婦の方からすると ふざけるんじゃ~ないよ!とお叱りを受けそうですが。 
持病はいくつかありますが 大病ではなく 元気と言えば元気ですが ベースが弱いのですね これが厄介です。
旅行も持病の薬と抗生剤持参がお約束です。
1年中 夜はマスクして寝ないと 喉やられますしね。
どんだけひ弱と自分で自分が嫌にあることしばしば それでも何とか店を続けております。
P1019784_convert_20160819074350.jpg
(フェルメール・ヤン 真珠の耳飾りの少女)
前置きが長くなりましたが 早朝8時半に自宅を出まして ICで少し休憩をしたものの ノンストップで向かいました。
娘は後部座席で爆睡 私も夫が何やら話しかけるので 最初こそ「ふん ふん」と聞いていましたが 途中夫の声が遠くに聴こえ いつの間にやら あちらの世界へ・・・・・・笑。
ハッ と起きると もう海が目の前に広がり 大塚国際美術館へ到着です。
駐車場からは送迎バスが出てます。
とにかく猛烈な暑さの為 バスで送迎と言っても 広い駐車場 バス停まで歩くほんの僅かな距離でも汗が噴き出て来ます💦
P1019786_convert_20160819074408.jpg
(エル・グレコ 祭壇衝立復元)
入口の写真を撮れませんでしたが(暑さで) バブリーな雰囲気で どことなく台湾の博物館に似ている様な・・・・?
夫は 似てるかも?と言い 娘は似てないと言い 曖昧な記憶です 笑。
B3~2Fまで かなりの広さで じっくり何を見てたわけでもなく ざっと回っただけでも 3時間はみっちり滞在しておりました。
最後 夫も私も足が限界きまして かなり歩きました。
P1019788_convert_20160819081311.jpg
私の偏見ですが関西人はこの様なパネルがあると お約束の様に顏を出したがる様な・・・笑。
写真嫌いでこの旅行で1枚も自分の写真を撮ってない娘も 走って行って顏を出していました(夫も 笑)
娘は手まで出して 両手パーでバイバイしています。
娘はピリポ 夫はアンデレですね。
何やら 夫と娘が参加したことで楽しそうな最後の晩餐となりました。
P1019790_convert_20160819081331.jpg
(スクロヴェーニ礼拝堂)
ここからは私の感想ですので 悪しからず・・・・・
大塚国際美術館 日本一入場料の高い でもレプリカしかない美術館 そんな知識はありましたが そもそもレプリカなので どうしても見る気がせず 何度も鳴門に行ってたのですがここだけは観光スルーしていました。
今回観光するところもなく 手持ち無沙汰で行ったのですが ごめんなさい絵に感動はなかったです。
どちらかと言うと 陶板にこれだけの名画を複製した その陶板が鳴門海峡の砂でできている その技術の素晴らしさに感動しました。
P1019792_convert_20160819081409.jpg
入場料が日本一高いのにも納得です これだけの作品をこの規模で作るの 入場料これぐらい取らないと割が合わないですね。
礼拝堂の複製は遠目で絵を見ますので 確かにすごいなって思いました。
ただ近くに行くと 確かに陶板なので 紙に描かれたものではなく 光沢があるので 私なんぞは心がひねくれているのかレプリカって気持ちが強く 絵の様にじっくり見ると言うより さらっと見てしまいます。
大好きなモネの絵を見ても 最初の感想が「違う」でしたので 笑。
知らない絵は それなりに へぇ~って見れます。
ただ ルーブルやオルセー ポンピドゥーセンターの絵が沢山ありましたので 家族で「これ 見たよね?」とか「こんな絵あったの覚えてる?」と記憶力のテストみたいでそれなりに楽しめました 笑。
P1019793_convert_20160819081429.jpg
レプリカだと分かっていても人気なのは充分に実感できました 大塚国際美術館。
私が楽しみにしていたのは モネの大睡蓮が再現された池があるので それはちょっとテンション上がりました♪
お腹が減って来ましたので こちらの景色を見ながら 食堂(レストラン?)のランチをいただきました。
P1019794_convert_20160819081447.jpg
暑くて一瞬しか見て居られませんでしたが 睡蓮。
また 3人で「オランジュリー美術館に行けなかったのだけが残念 イタリアへ行く前にやっぱりパリに立ち寄ろうか?」と 来年か再来年の話を 鬼が笑いますね。
実際を見てないだけに これはこれで 私は見れてよかったです。
ふと フランスの絵がお好きな方がここをご覧になられたら どの様に思われるのかな?なんて考えていました。
邪道だと仰られるか この複製技術を素晴らしいと思われるか・・・・・・気になるところです。
P1019791_convert_20160819081349.jpg
(スクロヴェーニ礼拝堂)
レプリカだと分かっていても圧巻!
本物の礼拝堂の様に椅子もありますので 座って暫し よくぞそれだけの物を作られたなぁ~と感動に浸っておりましたら 同じく椅子に座り夫・・・・・・うたた寝していました。
置いて帰りたいところですが 残念ながら車の運転ができないので 起こして連れて行きました。

まだ写真がありますので もう1回お付き合い下さいませ。
2016-08-22 : 旅行(徳島) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

プロフィール

mon tresor 2007

Author:mon tresor 2007
2007 mon tresor(私の宝物)
2016 mon reve(私の夢)
婦人服・雑貨・小物のショップオープン

宝塚市逆瀬川1-2-1 3F
0797-72-1808
10:00~20:00営業

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QRコード

アクセスカウンター(2017.9.5~)