ラッフルズ&駅

168_convert_20110817113152.jpg
シンガポールの旅行記も長々と書きましたが 今日が最終回。(^_^;)
各国のセレブが愛する全室スイートのラッフルズ 私はここに宿泊したかったのですが 主人の一存でマリーナ・ベイになりました。
169_convert_20110817113243.jpg
マリーナ・ベイは宿泊者の殆どが中国人で白人や日本人余りお見かけしなかったのです。
ホテルでは中国語が飛び交い 主人と「中国に旅行しに来たみたい」って話していました。
ラッフルズでは逆に 白人と日本人が多く 優雅にハイ・ティーを楽しんでらっしゃいました。
「半分でも ここに泊りたかったなぁ~」と睨む私に 主人も「値段もそんなに変わらなかったから そうすれば良かった~」と 残念無念。(>_<)
170_convert_20110817113318.jpg
宿泊しなかったので せめてホテルを見ておきたいと行ってみましたが 次回シンガポールに行くなら 絶対に泊ります!
せめて お買い物だけでもしましょうと ラッフルズ ショップへ。
娘が足が痛い 歩き疲れたと騒いでいたので 少しお買い物して ラッフルズを後にしました。
173_convert_20110817113447.jpg
私は海外に旅行へ行くと 必ず電車に乗るようにしています。
地元の方の生活が垣間見れるような気がして 好きなのです。
観光スポットだけでは その国の表しか見られない気もするので。
勿論ハプニングもあり 韓国へ行った時もですが 今回も乗り継ぎで行きたい方向と逆の電車に乗り「あれ~?」でした。(^_^;)
シンガポールではタッチパネル式で切符を買えるんだぁ~と面白い。
比較的簡単に買えました。
172_convert_20110817113417.jpg
でも 出て来たのは 切符ではなくカード。
ガイドブックにも書いていると思いますが 電車を降りて このカードを機械に戻すと $1が戻って来ます。
ちょっと 嬉しくないですか?(^o^)
この カードを買うのは比較的簡単ですが $1戻って来る操作がややこしい。
モタモタしていたら 後ろに並んでいた お兄さんが手伝ってくれました。
そんなのも 電車ならではの経験で楽しい。
174_convert_20110817113514.jpg
帰りは電車で空港へ。
5日間のシンガポール 満喫させていただきました。
本当に日常のゴタゴタも忘れ 楽しめました。
帰りの飛行機の中 やはり家族が健康でこうして揃って旅行に行けることが幸せなんだと思いました。
また 家事も育児も仕事も頑張って 旅行したいと思います(マイレージで)。(^^ゞ
050_convert_20110823113039.jpg

051_convert_20110823113111.jpg
スポンサーサイト
2011-09-03 : 旅行[シンガポール] :

リトル・インディアとアラブ・ストリート&ブギス

また 今日もシンガポールの記事です。(^_^.)
それだけ 観光してるねん!って 突っ込まれそうですが・・・。
「1日でどれだけ観光地を回れるでしょうコンテスト」があれば きっと 1位とれるだろうなぁ~。
主人と行く旅行は 早朝から夜中まで 緻密なスケジュールが組まれ 超ハード。(;一_一)
158_convert_20110816122339.jpg
なかなか終わらないので 2か所まとめてアップです。
シンガポールに来て 時間があれば・・・って感じでかな?
私的には チャイナタウン駅から 徒歩3分のスリ・マリアマン寺院が良かったので。(^_^;)
159_convert_20110816122430.jpg
(サルタン・モソク)
こちらも 信者さんが沢山いらしていました。
162_convert_20110816122523.jpg
見学は無料 スリ・マリアマン寺院と同じく 靴を入口で脱いで入ります。
肌の露出が多い服装での見学は禁止の為 ノースリーブだった私と娘は入口でお洋服をお借りして入場。
165_convert_20110816122709.jpg
同じくアラブ・ストリートです。
車も多く お店の立ち並ぶ場所です。
166_convert_20110816122739.jpg
アラブ・ストリート 余り私達家族には興味があるものがなく 滞在時間も短か目にリトル・インディアへと移動。
こちらも 生活に密着したお店が多く 色とりどりのフルーツや野菜は格安でしたが 日本に持って帰れないしね~。(^_^;)
167_convert_20110816122822.jpg
今回の旅行の心残りは ショッピングの時間がなかったこと!
主人が どうして海外にまで来て 買い物に時間を使う!と・・・勿体無いそうです。
ゆっくり お買い物がしたかったです~。
2011-09-01 : 旅行[シンガポール] :

ナイト サファリ

シンガポール旅行なら ナイト サファリには皆様絶対に行かれると思いますが なかなか良かったですよ♪
何せ ナイトなサファリなもんで 画像は暗くてよくわからないと思いますが。(^_^;)
097_convert_20110816164628.jpg
(入場チケット 大人$22 子供$15)
(トラム料金 大人$10 子供$ 6)

何が良かったかって 本当にサファリで ライオンとか柵みたいなものが一切なく じゃあ乗っているトラムに柵があるのかと言えば・・・ない。
最初本気でライオンに食べられる!と思いましたが ライオンと人間の間には ライオンが飛び越えられない谷があるのですね~ふぅ一安心。
でも 肉食ではない シカみたいな動物はトラムから手を伸ばせば 届きそうな距離まで近づいてくれます。
夕方から夜にかけての トラム1周は 段々と日も暮れてワクワクします。
098_convert_20110816164720.jpg
歩くコースもありますが それはしんどいのでパスしました。(^_^;)
体力に余裕のある方は 頑張って歩くのも 悪くないかと思います。
闇夜で動物の鳴き声を聴くのも なかなかスリリング。(^_^;)
103_convert_20110816164751.jpg
(ヒョウがタタッと走って行きます)
アニマル ショーも楽しかった♪
オール英語でショーを進行してくれますが 英語が苦手な私も一瞬ネイティブかと勘違いする程理解して笑ってしまう。
よくよく考えると 子供も楽しめるショーなので 単純な言葉を使ってるだけのことでした。(^^ゞ
106_convert_20110816164821.jpg
巨大ヘビ!
マッチョ系の男性4人で持っても 手に余るほど。
107_convert_20110816164855.jpg
ヘビを体に巻かれているのは 園の人ではなく この日の観客。
勇気があれば前列に座り 立候補してみては?(^_^;)
111_convert_20110816164927.jpg
トンブアカ族のダンサーが伝統音楽に合わせ ファイヤーダンスをしています。
口から火を吹いているので かなりスリリングで見ていて楽しいのですが。
ただでさえ暑いのに 近くで見てられない。
112_convert_20110816165009.jpg
主人が撮った画像ブレブレ。(^_^;)
でも 凄い人だかりだったので仕方ないな。
本当に暑かったので カメラだけ渡して 私は涼しいお土産屋さんへ駆け込んでました。(^^ゞ

今回の旅行 ナイトサファリも 楽しい思い出となりました。(^o^)丿
2011-08-30 : 旅行[シンガポール] :

パーム・ビーチ (チリ・クラブ)

062_convert_20110810111844.jpg
シンガポールで絶対何が何でも食べたかったのが チリ・クラブ と チキン・ライス。
極力お安くて美味しいお店を探そうとする私と 折角なんだからお高くても贅沢な雰囲気で食べたい主人。
旅行に来ると主導権が主人になるし どーせ私が支払うワケでもないので ゴチになります。(*^^)v
054_convert_20110810111435.jpg
って ことで シンガポールで最優秀レストラン賞を連続で受賞し続ける名店 パーム・ビーチにチリ・クラブを食べに行きました。
場所はマリーナ湾マーライオンの直ぐ近く。
これ食べた帰りに マーライオン見て 船に乗りました。
なかなか いいコースです。
お店の奥は一面水槽で 素敵なお店でしたよ。
055_convert_20110810111523.jpg
先ず カニは時価って感じで お店の方の聞き取り難い英語で カニ1キロあたり この種類だと幾らみたいな交渉が始まり注文。
注文を終えると 日本で言う つきだし的なものが運ばれて来ました。
名前はわからないので 魚の皮?みたいなのを揚げたもの。
お味は塩で美味しい!
もう 一つは見た目キムチっぱいですが 甘味があり 後から 辛さがやってくる・・・よくわからない説明ですが こちらも美味!
057_convert_20110810111634.jpg
ジャーン!チリ・クラブ。
茹でたカニをチリソースで味付けしているのですが カニもソースも最高!
ハサミでガシガシ切って 身を取り出すのですが フィンガーボールもドロドロ 手もベタベタ。(^_^;)
間違っても 新婚さんだったり 付き合いたての彼氏とは食べれないです。
ブサイクな主人で良かった~とこの時ばかりは感謝♪(^_^;)
口の周りもソースつけまくりで がっついてました。
同席しているのが 主人なので そんな姿も なんのその!
060_convert_20110810111809.jpg
手前の揚げパンはチリ・ソースをつけていただきます。
このパン甘くてソースとよく合います。
059_convert_20110810111738.jpg
チャーハンみたなもの。
これも 辛いが美味!
056_convert_20110810111558.jpg
チャプチェみたいなもの。
結構な辛さで でも 食べてしまいます。
最初 もう一皿注文しようとしていたら 一皿がかなり多いので食べ切れませんよ的なことを英語で言われました。(^_^;)
写真ではカニも小さくみえますが ビックリな大きさでした。
064_convert_20110810111913.jpg
お店の前には 海辺を見渡せるテラス席もあり 暑くなければ テラス席でカニをがっつくのも 悪くない。(^_^;)
お昼間から ビール飲んで カニ食べて この日も幸せな1日でした♪
2011-08-23 : 旅行[シンガポール] :

チャイナ タウン

045_convert_20110809113749.jpg
シンガポールの記事も やっと半分ほど。(^_^;)
5日間の旅行 ギリギリいっぱいいっぱいまで あちこち観光していました。
主人と行く旅行は とてもハード 振り回されっぱなしです。((+_+))
朝からスケジュールみっちりなのですよ。
とても素敵なホテルのお部屋も お部屋からの景色も堪能出来ずでした。
夜に帰宅してカードキーで扉を開けると 自動でカーテンがオープンになり 例の夜景がジャーンと目に飛び込むシステム。
これまた ちょっと 感動的!でも 堪能していませんが・・・。
036_convert_20110809113615.jpg
前置きが長くなりました。(^_^;)
以前は中国色の濃かったシンガポールだそうですが 都市開発により 今はここだけが その雰囲気を残しているようです。
043_convert_20110809113721.jpg
(シンガポール最大のスリ・マリアマン寺院)
1827年に建立されたこの寺院。
ヒンズー教寺院で 国の重要文化財でもあります。
見学は無料で 靴を脱いで はいれます。
写真撮影をする場合は 入口で係りの方に 料金を支払います。
多分 $3 か $5 だったと記憶。
040_convert_20110809113653.jpg
初 主人!いや 2回目?(この距離が限界)(^_^;)
いつも 髪をもう少しトップふわっとさせていますが ペタンコで写真で見ると 山ちゃんみたい ぷぷっ。(^^ゞ

ここでは 信者さんの邪魔にならない様に 静かに見学していましたが 信者ではない私達も手を合わせたくなる そんな雰囲気が漂っていました。
教会もそうですが 何となく清々しい気持ちになれました。
信者さんが祈る姿も美しく 印象に残ります。
047_convert_20110809113815.jpg
帰りは チャイナ タウンでお買い物。
物色している娘の後ろ姿も。
サリーを着た女性の姿もここででは 普通。

リトル・インディア や アラブ・ストリートもありましたが お時間がなくて どれか1つ観光なら 私はこちらをお薦め致します。
2011-08-20 : 旅行[シンガポール] :
ホーム  次のページ »

プロフィール

mon tresor 2007

Author:mon tresor 2007
2007 mon tresor(私の宝物)
2016 mon reve(私の夢)
婦人服・雑貨・小物のショップオープン

宝塚市逆瀬川1-2-1 3F
0797-72-1808
10:00~20:00営業

最新コメント

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QRコード

アクセスカウンター(2017.9.5~)